本文へスキップ

研究室の日常DIARY

令和3年11月7日 共同利用の日常

東京工業大学の栗田さんと田中秀数先生が、スピン1/2ダイマー物質の圧力下中性子非弾性散乱実験のために、C11にいらっしゃいました。
小さな磁気モーメントの圧力実験ということで強度に心配がありましたが、目的の磁気励起が観測され、大変興味深い実験結果が得られました。
写真:左から 栗田氏、田中先生、益田

     

令和3年10月1日 共同利用の日常

私たちの施設のミッションの1つは、日本全国の大学の研究者の中性子実験をサポートすることです。10年間停止していた研究用原子炉が今年の2月に運転再開し、今年度の共同利用も残すところ1サイクルとちょっとになりました。
私たちが運営する冷中性子三軸分光器を使いに、新領域の有馬先生と物工の井出氏がいらっしゃいました。ヘルメットにマスクという出で立ちではありましたが、大変興味深い実験結果が得られました。
写真:右から、有馬先生、井出氏、浅井さん、益田

令和3年5月19日 益田研の日常

初投稿です。藤原です。
私たちの研究室では量子現象を示す物質の合成から解析まで一連の過程をこなしています。
先日初めての中性子実験をしに東海村のJ-PARCに行っていました。世界最大級の強度を有する陽子加速器があるJ-PARCでは、広範な分野での基礎的、応用的な研究が行われています。今回研究で使用する試料が室温で強磁性転移する機構を解明するために、中性子実験を行いました。キャビンでは散乱中性子の強度をリアルタイムでモニタリングして、粉末試料のスピン波励起の観測を試みました。実験では試料由来のシグナルであるかどうかを見定めるのが大変でしたが、益田先生や助教の浅井さんのやり取りからシグナルを見定める方法や実験の進め方を学べたと思います。
東海の海鮮やお蕎麦などご飯がおいしかったです。
実験も無事終了し、これから柏での生活を頑張ります。

令和3年3月19日 益田研の日常

新領域創成科学研究科が発行する広報誌「創成」に、M2の岩ア君が代表を務めるボランティア団体「UT-OAK南三陸支援団」の記事が掲載されましたので紹介します。
この団体は2011年4月に設立された学生ボランティア団体で、東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県南三陸町を活動拠点として、これまで10年間活動を継続しています。
実際の活動の様子について令和元年8月に岩ア君が書いた日記(↓6つ下の投稿です)もありますので、併せてご覧ください。

※クリックすると拡大します

令和2年5月1日 益田研の日常

新型コロナの影響で、最近はZOOMを用いて研究室ミーティングを行っています。
感染症に負けずに頑張ろう!

令和元年12月11日 益田研の日常

10月から滞在されていたIgor Zaliznyak先生(ブルックヘブン国立研究所)の送別会を行いました。
2か月間の滞在で、分光器のデザインと低次元磁性体の共同研究などがずいぶんと進みました。
JRR-3に革新的な分光器を建設することを固く心に誓いました。

令和元年11月29日 益田研の日常

益田研究室では週に1回、毎週金曜日の午前中に報告会が行われています。
この報告会には、現在10月13日から12月13日の期間で来日されているブルックヘブン国立研究所のIgor Zaliznyak先生も参加されています。
           

令和元年11月15日-22日 台湾旅行記

しばらくぶりの菊地です。
AOCNSに参加するため、台湾に行ってきました。上段左の写真は会場の看板です。初日の夕方にポスター発表があり、ビールを片手に持った人達とディスカッションをしました。勿論、発表は英語だったため大変疲れました。
AOCNSの会場の近くには屋台がたくさん並んでおり(上段中)、夕食は基本そこに食べに行きました。会場近くの中では、飲み物は台湾ビールが(上段右)、食べ物はスズキのケチャップかけ(中段左)がおいしかったです。
最終日には、地下鉄に乗って高雄市に行きました(中段中)。中段右のようなトークンが切符となっています。ここには、Google先生が一番美味しいと言っていた蒸し餃子を食べに行きました(下段左)。滅茶苦茶おいしかったです。台湾は基本的に物価が安く、料理は旨かったです。
最後に、僕と長谷川君はポスター賞をダブル受賞しました(下段右)。イエーイ

令和元年8月9日 益田研の日常

久しぶりの更新です。長谷川です。

7月5日に長い東海出張を終えた浅井さんと菊地君の生還焼き肉をしました!(上段左)みんなお肉を食べるペースが速すぎて1時間くらいでお肉完売でした…まじかぁ〜(笑)
7月8日は共同利用で貸し出しているPPMSに、比熱パックがはまったまま抜けない事件が起きました。浅井さんと私で幾度となく挑戦しましたが、最終的にはPPMSをよく利用してくれている森研の菅井君に相談したら、サンプル交換ロッドを持参で助けに来てくれました。しかも、パックを簡単に取り出してくれるという偉業まで!ほんと感謝しかないです。ありがとう!菅井君!(上段中央)
7月18日には物性研主催のボーリング大会がありました。益田研OBの植田さん、元吉澤研PDの吉田さん、元森研PDの東野さんが助っ人として参戦してくださいました!吉田さんは2ゲーム合計で313点と全体4位の大活躍!益田研の岩崎君も300点で全体7位!二人ともピンがいい具合に散乱して、見ていて爽快でした!企画してくださった総務の方々、楽しい機会をありがとうございました!写真上段右は練習時にストライクをとったドヤ顔の岩崎君。
7月26日は菊地君の日記にあるとおり物質系中間発表2日目で岩崎君の発表がありました。英語での発表、周りにも伝わるくらい緊張していましたが、なんとかやりきって無事に終わってよかったです。お疲れ様でした! 写真下段左は発表後のBBQの様子です。
8月2日は毎年行われている東海の波紋施設でのBBQでした。ビールサーバーもあり、エビ、ホタテに常陸牛やローズポークなどおいしいものも盛りだくさんのBBQは最高でした!最後には花火までやり、夏を大満喫しました!(下段中央)
8月3日からは益田研の公式夏休みです!僕はリーディング大学院のMERITで行われるキャンプが4日〜6日にかけてありました。同期とも一つ下の代とも仲良くなれたいいキャンプになりました。ちなみにポスターセッションで優秀賞をいただきました(^^)/(下段右)

思い返せばイベント盛り沢山だなあと感じます。遊んでばかりじゃなくて、写真の腕をもっと上げます。はい。あ、もちろん研究も頑張っています。はい。

令和元年8月3日-8日 益田研の日常

初投稿になります。修士2年の岩崎です。
今回、益田研の夏休み期間を使って被災地の教育支援に参加してきました。柏キャンパスには新領域創成科学研究科の学生が中心となって活動しているボランティア団体があり、宮城県南三陸町を中心に活動しています。今回が初めての参加でしたが、子供たちと一緒に学習し、遊んで、とても楽しく意味のある1週間になったと感じています。
写真は僕が小学6年生の子に夏休みの宿題を教えているところです。

令和元年7月25日-26日 益田研の日常

ラウエでの軸出しがヘタクソな菊地です。

7月25日と26日はM2の中間発表でした。岩崎君、本当にお疲れ様でした。
全ての発表が終わった後、柴山研究室と合同の打ち上げをしました。
良かった点はホイル焼きがおいしかったこと、反省点は焼き肉の量が多かったことです。

主賓はなぜか欠席でしたので、右上配置となっております。

令和元年7月14日-16日 物性研准教授の日常

日米協力事業「中性子散乱」の会議のため、オークリッジ国立研究所(米国テネシー州)に行ってきました。私がスーツを着用する数少ない機会の一つです。物性研がオークリッジ国立研に設置している中性子分光器の運営について議論してきました。

令和元年6月6日 益田研の日常

長谷川です。

今日はこの時期に毎年やっている物性研ビアパーティーがありました。例年のごとく中性子チームでお昼に開催されるスポーツ大会に出場しました。今年の種目はソフトバレーで、リーグ戦は1位突破、決勝トーナメントでは2位になれました!
先輩たちの活躍もさることながら、要所で女性ルールによる2点を決めてくれた正岡さんの力は大きかったなあ。来年こそは1位をとりたい!!(写真1枚目)
夜のビアパーティー本番ではジェスチャーゲームなどのイベントを正岡さんが取り仕切っていました(写真2枚目)。

どう考えても今日のMVPは正岡さんだな…。
よし、明日から頑張ろう!明日から!
 

令和元年5月31日 益田研の日常

咳とまりません、長谷川です。

5月27日に今年度初の居室飲みをしました。お題は「ワインに合う鍋」。
ということで行った結果、トマト風味のコンソメスープが出来ました。
うん、チャレンジングな企画は楽しいですが、次回は普通にやろう!
写真は益田研学生メンバーです。

令和元年5月29日 東海の日常

物性研中性子施設では、世界各国の研究者と共同研究を行っています。
5/23-5/28の日程で、東海村にあるJ-PARC施設のHigh Resolution Chopper(HRC)分光器を用いて、重い電子系の中性子非弾性散乱実験を行いました。
最近は外国人ユーザーの数が増えています。
右からAdroja氏(英国ISIS)、Luo氏(中国科学アカデミー)、益田、浅井さん、Wangさん(中国科学アカデミー)。

令和元年5月24日 東海の日常

初カキコ。D1になった菊地です。
令和元年初日から5/23までを東海村で過ごしました。
(中略)
色々ありましたが、大変勉強になりました。
写真は、マグネットにヘリウムを汲む僕と岩崎君と杉浦さん。

令和元年5月16日 益田研の日常

令和初投稿です。長谷川です。

いろいろな締め切りがあった忙しい時期でしたが、39°くらいの熱を出して、倒れていました。
ぐうの音も出ません(本当に声がでないから)。

そんななか、植田さんが来ていました。
僕が風邪をひいていたせいで、一緒に飲みに行くこともできませんでした。すいません(T^T)
写真はすがすがしく帰っていく植田さんです。
次来るのは未定とのことですが、6月にまた来ると思っています。待ってます(^.^)/~~~


平成31年4月25日 益田研の日常

平成も残り少ないなか、驚愕の10連休が楽しみな長谷川です。
無事D1になりましたので、益田研での日常をぐだぐだと書きます。

今月は卒業して沖縄に行ったはずの植田さんが4月15日からPPMSを使いに来ています。延泊が決まったらしく、
結局、沖縄にいる時間より柏にいる時間のほうが長いな…。植田さんロスになる日はまだ先らしいです。
そして25日は以前益田研にいた萩原さんがラウエ装置を使いに来ました。なぜかポッキーをお土産として持ってきて
くれました。あとでおいしくいただきます。

みなさん、実験お疲れ様です!いい結果が得られていることを願っています。
得られてなかったらまた来てください(^.^)/~~~


平成31年4月19日 物性研准教授の日常

今年度東北大学の客員を引き受けることになったので、4月18日、19日と東北大を訪れました。
金研の藤田先生からJ-PARC分光器POLANOの状況、金研共同利用、HZB-金研協定の話などを伺いました。
夜は懇親会に呼んでいただき、東北大の若い研究者や学生さんたちと楽しいひと時を過ごしました。
9月の岐阜の学会では、中性子関連の研究室で懇親会をやりましょう、ということになりました。


平成31年3月25日 益田研の日常

3月25日に、平成30年度物質系専攻学位記授与式が行われました。
式へ行く前に、毎日を過ごした思い出深い学生居室で記念写真を撮影しました。長谷川君がいなくて残念です!
植田君、飯田君、菊地君、長谷川君、おめでとうございます!!


平成30年12月5日 益田研の日常

12月4日-5日に、茨城県立県民文化センターで、日本中性子科学会第18回年会が行われました。
写真は、お揃いの中性子パーカーを着て参加した、助教の浅井さんと学生の皆さんです。


問い合わせ

〒277-8581
千葉県柏市柏の葉5-1-5

TEL 04-7136-3415