当研究室では
1.新しい量子現象を示す物質の合成
2.実験室レベルでの物性測定
3.大型施設(加速器・原子炉)を利用した中性子散乱実験

を通じて、新しい量子状態の発見と機構解明を目的とした研究を行っています。

お知らせtopics

2018年6月4日〜5日
東京大学物性研究所短期研究会「固体物性の中性子散乱研究の現在と将来 〜日米協力事業の今後を見据えて〜」が開催されました。
http://masuda.issp.u-tokyo.ac.jp/us-japan.html

新着情報news

2018年4月
歓送迎会を行いました。
2018年4月
メンバー」を更新しました。
2018年3月
送別会を行いました。
2017年12月
林田翔平君(D3)が中性子科学会第17回(2017年)年会でポスター賞を受賞しました。
2017年9月
海外での実験旅行記(PSI@スイス)」を更新しました。        
2017年8月
研究室イベント(富士山山行記)」を更新しました。
2017年6月
海外での実験旅行記(ORNL@アメリカ)」を更新しました。
2017年4月
メンバー」を更新しました。
2017年3月
歓送迎会を行いました。
2016年12月
忘年会を行いました。
2016年12月
左右田稔助教が第14回(2016年)日本中性子科学会奨励賞を受賞しました。
2016年10月
最近の研究成果「マルチフェロイック物質Ba2CoGe2O7における磁気モーメントの連続的電場制御」を更新しました。
2016年7月
最近の研究成果「正四面体スピンによる熱力学への挑戦」を更新しました。
2016年4月
歓送迎会を行いました。
2016年4月
柏の葉公園でお花見を行いました。
2016年3月
海外での実験旅行記(ISIS@イギリス)」を更新しました。        
2016年3月
左右田稔助教が第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞(領域3)を受賞しました。
2016年3月
送別会を行いました。
2016年2月
修士論文・博士論文の打ち上げを行いました。
2016年1月
最近の研究成果「リラクサー磁性体LuFeCoO4における磁性と誘電性の関係」を更新しました。
2016年1月
最近の研究成果「凹凸ハニカム格子反強磁性体Ba2NiTeO6の磁気秩序」を更新しました。
2015年8月
最近の研究成果「マルチフェロイック物質NdFe3(BO3)4の磁気異方性と電気分極の構造の起源の研究」を更新しました。
2015年8月
海外での実験旅行記(ANSTO@オーストラリア)」を更新しました。
2015年5月
メンバー」を更新しました。
2015年5月
海外実験について(Highlight proposal)」を更新しました。
2015年3月
海外での実験旅行記(ILL@フランス)」を更新しました。
2014年10月
海外での実験旅行記(ANSTO@オーストラリア)」を更新しました。
2014年10月
海外での実験旅行記(ILL@フランス)」を更新しました。
2014年9月
海外での実験旅行記(ISIS@イギリス)」を更新しました。
2014年8月
J-PARC/MLF,HRC分光器にて、10Tの高磁場印加が達成されました。
2014年5月
ホームページをリニューアルしました。
2014年3月
スピン・ネマティック相互作用の観測について研究成果がプレスリリースされました。
2014年3月
最近の研究成果より」開始
2013年10月
海外での実験旅行記」開始

contents